スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 地域創生部 > 地域政策課 >  けあらし2009(新作)

留萌の分類: 環境・まちづくり > 留萌の自然

最終更新日:2014年7月14日(月)


けあらし2009(新作)


 

留萌のけあらし

SEASON2

けあらし

撮影:渡辺一夫さん

留萌地方の冬を体験してみませんか

冷やされた風が海面に触れるとき湯気のように立ち上がる「気嵐」

その言葉が生まれたのは留萌地方です

ぜひ、幻想的な景色を体験しに

留萌へお越しください

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

「けあらし」って何??

「けあらし」とは北海道の方言で、冷え込みの厳しい日に海面に発生する湯気のようなものをいいます。

「けあらし」の発生は放射冷却により冷え込みが強まった日に、内陸や山地の空気が冷やされ、その冷やされた空気が暖かい海面上に流れ込むと、水蒸気の急激な蒸発により霧が発生することで起こります。このように発生した「けあらし」はその後の気温の上昇などの要因により消滅してしまいます。

発生時刻は概ね午前5時頃から午前10時頃までですが、気象条件により前後することがあります。

発生場所は海岸より1Kmから数Km程度で、高さは2、3mの小さなものから、10m位の大きなものまであります。この「けあらし」は気象用語にはなく、気象用語では「蒸気霧」(じょうきぎり)といいます。

ちなみに、「けあらし」は北海道の方言と上述しましたが、留萌地方で使われ始めたのがきっかけと言われています。

 

「けあらし」の発生条件は??

「けあらし」の発生条件は様々な要因によりますが、主に留萌での発生条件を以下にまとめました。                                                                                                                 

 ・天気が晴れ(快晴)である。(夜間の放射冷却により気温が下がる)

 ・気温が-15℃前後、海水温と気温の温度差が15℃以上の時に発生することが多い。

 ・風向・風速は東南東の風系が多く、発生前後の風速は3~5m/sとなっている。

※上記の条件はあくまで目安であり、必ずしも発生を保障するものではないことをご了承ください。

タコの一人言

「けあらし」フォトギャラリー

2007~2008

 kearashi1   kearashi2   kearashi3  kearashi5
 kearashi6   kearashi7   kearashi8   kearashi9

2008~2009

   〔撮影者:渡辺一夫さん〕

      1   2      3      4
      
    場所:小平町(高台)         場所:小平町(臼谷海岸)       場所:留萌市(南岸)       場所:留萌市(瀬越海岸)
         日時:20.10.2 AM7:00      日時:20.10.2 AM7:00     日時:20.10.21 AM7:00     日時:20.10.21 AM7:00
        小平町の高台から撮影しました。 町を飲み込んでしまいそうな   釣り人が寒さに耐えながら釣   瀬越海岸の静かな海を散歩す

        川の水面を漂う真綿のようです。 毛嵐です。           り糸を垂らしているそばには   る浜のお母さん。
                                       かもめが・・・

                   5      6      7      8
         撮影場所:留萌市(南岸)    撮影場所:留萌市(南岸)    撮影場所:留萌市(南岸)    撮影場所:留萌市(南岸)
        日時:20.11.25 AM7:00     日時:20.11.25 AM7:00     日時:21.1.2 AM7:30      日時:21.1.2 AM7:30     
                       留萌港南岸から朝焼けを望む。  薄紅色の朝焼けと毛嵐の美し               
                       毛嵐が静かに立ち上る。     さにしばし見とれてしまいま
                                       した。


    《編集局より》
     渡辺一夫さん、すてきな「けあらし」写真をご提供いただきましてありがとうございます。
     今年は1月に雨が降るなど暖冬の影響で、去年と比較すると毛嵐の発生が少ないようです。
     ちなみに、私も1月末に3回ほど撮りに行きましたが、すべて空振りに終わっています。(T_T)
     発生は気象条件に左右されますので、いつ見ることが出来るかわからないのが、辛いところです・・・
     しかし、まだチャンスはあると思いますので、チャレンジしてみたいと思います。
     また、HPをご覧の皆様でけあらし写真(データ)をお持ちの方は、是非是非ご提供をお願いいたします!


「けあらし」を見た感想は・・・

◆「けあらし」という言葉が留萌発祥とは初めて知りました。「けあらし」フォトギャラリーの写真は本当に綺麗で、実際に見てみたいと思いました(^0^)/

◆去年、生まれて初めて「けあらし」を見ました。しかし、遅い時間だったため、「けあらし」はやや消滅気味(T-T)。しかも、服装も留萌の冬をなめた軽装のため、体も芯からカッチコチ(>_<)。しかし、暑寒岳をバックに「けあらし」が立ち上がる様はまさに幻想的の一言!今年こそ早起きして厚着して見に行くぞ~(^0^)

◆HPで留萌のけあらしを初めて見ました。ものすごーく寒そうですが、幻想的で雄大な感じがしました。寒い朝けあらしを見てからあったかいお風呂に入ったらきっと気持ちいいでしょうね!留萌に行きたくなってきました。

◆「けあらし」フォトギャラリー見ました!太陽に照らされて輝く海に立ち上がる「けあらし」はとても神秘的ですね。北海道に旅行した際には、留萌の「けあらし」をぜひ見てみたいです!

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 ●「けあらし」の写真を大募集!!●

萌管内の「けあらし」を撮影した写真を募集しています!

これぞ「留萌のけあらし」という写真がありましたら、ぜひ、ご提供ください!!

写真を添付し、氏名、住所、電話番号を記載のうえ、下記アドレスまでご送付願います。

ご提供いただいた写真は「けあらし」フォトギャラリー」に掲載させていただきますので、ご了承願います。

なお、写真には撮影者及び撮影日時・場所を記載しますので、撮影日時・場所と掲載用の名前(ペンネーム等)もお知らせください。

 【留萌支庁 地域振興部 地域政策課】 メールアドレスrumoi.chisei@pref.hokkaido.lg.jp

 ●「けあらし」を見た感想をお待ちしています!!●

際に「けあらし」を見た!!または、このホームページで見た「けあらし」の感想を募集しています。

初めて見た方も、毎年見ている方も、ぜひ幻想的なけあらしの感想を下記アドレスまでお伝えください!!

※寄せられた感想は匿名で掲載させていただきますのでご了承ください。

 【留萌支庁 地域振興部 地域政策課】 メールアドレスrumoi.chisei@pref.hokkaido.lg.jp