スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 商工労働観光課 >  ハマボウフウプロジェクト(H26)

留萌の分類: 環境・まちづくり > 環境保全・リサイクル

最終更新日:2016年4月04日(月)

浜の薬「ハマボウフウ」の資源復活作戦と
「浜辺の有効活用」による山菜ビジネス創出支援プロジェクト

ハマボウフウの種子の写真ハマボウフウの写真ハマボウフウの花の写真

【平成26年度 ハマボウフウプロジェクト 活動状況】

  • 第28弾 平成27年3月25日 看板が新しくなりました
  • 第27弾 平成26年10月1日 「ハマボウフウ復活作戦2014」を実施しました
  • 第26弾 平成26年7月17日 昨年復活作戦に参加した小学生を対象とした「浜辺の自然観察会」
  • 第25弾 平成26年7月 2日 海浜植物復元活動支援自動販売機の寄付金贈呈式が執り行われました
  • 第24弾 平成26年5月15日~6月30日 試験販売開始
  • 第23弾 平成26年5月 7日 試験収穫(新芽)

 

第28弾!! 平成27年3月25日
◎看板が新しくなりました


 設置から3年。
 海岸の強い風にも耐えてきた看板が壊れてしまったため、新しい看板を設置しました。


  平成27年3月25日


  海浜植物復元区域





 看板設置

 

第27弾!! 平成26年10月1日
◎「ハマボウフウ復活作戦2014」を実施しました


 今年で4回目となるハマボウフウ復活作戦は、当初予定していた日の天気予報が芳しくなく、前日に延期を決定。その翌日に実施することとなりました。

 当日は、町内の小学生と研究会メンバー、そしてご支援いただいている留萌信用金庫、北海道コカコーラボトリング(株)からもご参加いただき、約60名の参加となりました。

 たくさん実った種を皆さんに採取していただき、来年に向けて播種作業を行いました。 


  平成26年10月1日


  海浜植物復元区域






 復活作戦2014
 今年も乾杯セレモニーの飲み物を北海道コカ・コーラボトリング(株)からご提供いただきました!ありがとうございました!      

 

第26弾!! 平成26年7月17日
◎昨年復活作戦に参加した小学生を対象とした「浜辺の自然観察会」


 地産地消給食で使用されるなど、地元小学校との関わりが深まりつつあるハマボウフウの復元活動をさらに発展させるため、昨年秋、自分がまいた種の発芽状況やハマボウフウと共生する海浜植物の観察など、昨年復活作戦に参加した小学生を対象とした「浜辺の自然観察会」を実施しました。

  ■観察会の講師・・・(地独)北海道立総合研究機構 環境科学研究センター 西川研究主幹

 この日は、外来植物であるオニハマダイコンの駆除作業も行いました。


  平成26年7月17日(木)


  海浜植物復元区域(北海道苫前町字上平)






浜辺の自然観察会

 

第25弾!! 平成26年7月2日
◎海浜植物復元活動支援自動販売機の寄付金贈呈式が執り行われました


 北海道コカ・コーラボトリング(株)は、苫前町ハマボウフウ研究会が行う海浜植物復元活動について、平成23年より研究会と支援協定を結んでいます。

 そのため、栽培用プランターの製作や、「支援自販機」を苫前町内をはじめ管内各地に設置するなど様々な支援をいただいています。
 今回は、「支援自販機」からの寄付金贈呈式が執り行われました。

 贈呈式の後は、会場となったとままえ温泉ふわっと特製「ハマボウフウ御膳」もいただきました。


 平成26年7月2日


 とままえ温泉「ふわっと」






寄付金贈呈式

 

第24弾!! 平成26年5月15日~6月30日
◎今年度もハマボウフウの試験販売を開始北海道苫前産天然ハマボウフウ


 昨年から開始した試験販売では、当初は1カ月間だけの作業と予定していましたが、各地から追加の注文をいただき、最終的には4,000枚を越える販売数となりました。

 そこで、今年は販売方法を「枚数」から「重量」に変更し、「砂付き」のみの販売としました。
 これにより、枚数を数える手間がなくなり、昨年よりも少人数で対応できるように。
 結果、合計13箇所、35kgのご注文をいただきました。


 試験販売期間  平成26年5月15日~6月30日(週1回 計7回収穫)









 出荷箇所~13箇所

 ■管外‥東京都1、千葉県1、札幌市5、旭川市2、

 ■管内‥留萌1、苫前町3





新芽収穫

 

第23弾!! 平成26年5月7日
◎試験収穫(新芽)


 順調に回復をみせるハマボウフウ。
 昨年までは「葉」のみの収穫でしたが、今年は要望の多かった「新芽」の収穫も行うことになりました。
 貴重な資源を守り、今後もハマボウフウが楽しめるよう、根を傷つけない「位置」に気をつけての収穫となります。そこで、作業にかかる時間等を確認するために、試験収穫を行いました。

 あわせて、冬の間に倒れてしまった杭等の修繕も行いました。


 実施日  平成26年5月7日


 海浜植物復元区域





 新芽収穫試験

 

ハマボウフウトップ