スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 林務課 >  林野火災予防


最終更新日:2018年7月13日(金)

林野火災予防について

 

heri

 

林野火災の予防

   林野火災は、長い年月をかけて育んだ地域の貴重な森林を一瞬で失うものです。
   また、消火活動が困難な山間部で発生することが多いため、乾燥や強風などの気象条件と相まって、
  大規模な被害へと発展する可能性があります。
   林野火災の発生原因は、ゴミ焼きやタバコの火の不始末など人為的なものが多くを占めていること
  から、貴重な森林を火災から守るためには、森林所有者や山菜採りなどで山を訪れる方々、地域住民の
  方々の予防意識が大切です。

林野火災状況

   北海道の林野火災は、明治になり開拓の進展とともに急激に増加し、明治44年には年間発生件数が
  523件、被害面積が約28万haという記録があります。その後、徐々に減少し、昭和50年代初頭からは、
  年間100件を下回り、平成27年から過去10年の平均では25件となっています。
   管内では、平成19・20年に苫前町で、24年に羽幌町、26年に遠別町で林野火災が発生しています。

林野火災予防に関する作品(標語・ポスター)

   森林は人々の生活に欠くことのできない貴重な財産であるにもかかわらず、毎年、林野火災により、
   多くの森林が失われております。
   このため、たくさんの小学生から林野火災の予防を呼びかける標語とポスターを募集し、子供たちに
  森林の大切さを理解してもらうとともに、その作品を活用したポスターを作成し、林野火災の予防啓発を
  行っております。

   ※平成30年度の募集要領はこちら

   過去の作品はこちら。 

 平成29年度※NEW

 平成28年度
 平成27年度

平成26年度

kajibousi

                          林務課のトップページへ