スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 農務課 >  その他水産物


最終更新日:2019年11月06日(水)


その他水産物


留萌の食材のページに戻る

留萌で獲れるその他の水産物

サケ

サクラマス

マダラ

スケソウダラ

旬の時期9月~12月

旬の時期2月~5月

旬の時期1月~4月

旬の時期1月~4月

さけ サクラマス マダラ スケソウダラ

   留萌で獲れるのは「シロサケ」という種類です。

   天塩で獲れるものは最上級のサクラマスとして、高い評価を得ています。    「たち」と呼ばれる白子を使った「たち鍋」は、冬の定番です。    身は主にカマボコなどの加工用に使用され、卵はたらこになります。

ホッケ

ホッキ貝

ツブ貝(ヒメエゾボラ)

カジカ

旬の時期通年

旬の時期通年

旬の時期通年

旬の時期11月~3月

ほっけ

ホッキ

つぶ貝

   留萌では、年中見かけるポピュラーな魚です。

 

   生きたままをさばいて刺身にできます。
   バタ-炒め、カレーの具としてもおすすめです。
   留萌で獲れるのはヒメエゾボラという種類です。
   醤油をたらして網で焼いたり、煮付けにするとおいしい貝の定番です。

   冬といえばカジカです。
鍋や味噌汁がおいしいです。

 

ハタハタ

アイナメ(アブラコ)

ソイ

ヤナギノマイ

旬の時期12月~3月

旬の時期通年

旬の時期通年

旬の時期通年

ハタハタ アイナメ ソイ ヤナギノマイ

   シーズンになると小売店で地物のハタハタをよく見かけます。
   鍋もおいしいですが、唐揚げもおすすめです。

   ホッケと同じアイナメ科の魚です。
   釣りの対象魚として人気があります。

   留萌で獲れるソイは主にマゾイ、シマゾイ、クロゾイです。
   留萌管内の小売店で地物のソイをよく見かけます。

   釣りの対象魚として人気があります。
  煮付けがおすすめです。

マグロ

ブリ

昆布

イカナゴ

旬の時期9月~12月

旬の時期9月~10月

旬の時期8月~10月

旬の時期 通年

マグロ

ブリ

昆布

イカナゴ

   あまり知られていませんが、留萌沖でも年間6トンの漁獲があります。

   ブリの本場といえば富山県ですが、留萌沖でも年間
51トンの漁獲があります。
   天売島、焼尻島を中心に、管内では年間11トンの昆布が獲れます。    主に加工用なので小売店では見かけませんが、年間11トンほどの漁獲があります。

カスベ

銀杏草

 

 

旬の時期通年

旬の時期1月~3月

かすべ

銀杏草

 

 

   カスベと呼ばれている魚の正体は、エイです。
   煮付けや唐揚げがおすすめです。

 

   銀杏草(ぎんなんそう)はその形から「仏の耳」と呼ばれています。
   コリコリとした独特の食感が人気で、味噌汁や酢の物の具としてお召し上がりください。

  留萌管内の高品質な水産物や水産加工品は、各漁協や水産加工会社の直売所で購入出来ます
 
各漁協や水産加工会社の直売所の情報は、こちらのホームページで紹介していますので、せびご覧ください。 .