スマートデバイス表示はこちら


最終更新日:2019年12月25日(水)


牛乳


留萌の食材のページに戻る

牛   乳

ホルスタイン1 ロータリーパーラー2

 留萌管内では、約300戸の酪農家が約2万
8千頭の乳牛を飼育し、年間約12万6千トン
の生乳を生産しています。
 平成18年度の留萌管内の農業全体の産出額は約193億円で、このうち酪農が54%の約104億円を占めています。
 生産量が最も多いのが天塩町で、次いで幌延町、遠別町の順になっています。

市町村別 生乳生産量グラフ

■ 飼養頭数(H19農林水産統計)
 北海道   836,000頭
 留萌管内   27,700頭(全道の3.3%)

■ 生乳生産量(H18農林水産統計)
 北海道  3,799,121頭
 留萌管内   126,484頭(全道の3.3%)

■ 留萌管内の農業産出額                         (H18農林水産統計)
  農業全体 19,270百万円
 うち酪農  10,350百万円(管内の54%)

 

 

 留萌管内で生産された生乳は、道内2カ所の工場に出荷されます。

  遠別以北で生産された生乳は、雪印メグミルク(株)幌延工場に出荷され、バターや脱脂粉乳に加工されて
います。
 バターは「北海道バター 200g」、「北海道バター 食塩不使用 200g」、「北海道バター  ミニパック 8g×8」、
「SNOWROYAL コクと香りの北海道バター 発酵 」として販売されています。
  

雪印北海道バター 200g3 食塩不使用5 ミニパックバター4 スノーロイヤル1

北海道バター 200g

北海道バター
食塩不使用 200g

         北海道バター
   ミニパック  8g×8
        SNOWROYAL 
 コクと香りの北海道バター               発酵      

 

  初山別以南でしぼられた生乳は、明治乳業(株)旭川工場で飲用としてパックされ、「明治おいしい低脂肪乳」、「明治おいしい無脂肪乳」、「LL北海道牛乳」として全国に販売されます。

    明治おいしい低脂肪乳  明治おいしい無脂肪乳 LL北海道牛乳

明治おいしい低脂肪乳

    明治おいしい無脂肪乳         LL北海道牛乳

 

 留萌管内で飼育されている乳用牛

ホルスタイン1

ホルスタイン種

 現在、日本の牛乳は99%以上がホルスタインからしぼられています。

 ホルスタインは、オランダ北部からドイツ西北部で飼育されていた最も古い品種で、品種として成立したのがオランダのフリースランドであることから、正式名はホルスタイン・フリージアン種といいます。

 乳量が多く、搾乳速度が速く乳用種として優れた品種です。

ジャージー種2

ジャージー種

 数は少ないですが、留萌管内でも飼育されています。

 イギリス海峡諸島の中で最大の島ジャージー島原産の乳用種です。
 毛色は白に近い淡褐色で、体格は小型、乳量は一般的な乳牛と比べるとそれほど多くありません。
 乳質は乳脂肪率が他の品種より高いのが特徴で、風味もよく、トロリとした口当たりの牛乳です。

ブラウンスイス種3

ブラウンスイス種

  数は少ないですが、留萌管内でも飼育されています。スイス原産の3用途兼用(乳、肉、役用)の品種で、アメリカで乳専用種に改良された品種で、アメリカで乳専用種に改良された品種です。
 毛色は灰褐色で、体型が楔(くさび)形で角張っており、鼻と口の周辺で「糊口(のりぐち)」といって白色になっているのが特徴です。
 近年になって、チーズ等の加工用に向いていることが評価され、全国でも飼養頭数は増えてきています。