スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 農務課 >  パプヤの里冨野果樹園


最終更新日:2013年2月14日(木)


パプヤの里冨野果樹園


    ふれあいファームのトップページに戻る

 

パプヤの里 

 
果物狩り
  さくらんぼ 7月中旬~8月上旬
  ぶどう    9月中旬~10月上旬
  りんご      9月中旬~10月

    時間     終日
    駐車場   30台
    時間制限  設けておりません
    水洗トイレ

    農産物の直売、地方発送

 

 果物直売 
  さくらんぼ  7月中旬~8月上旬
  りんご     9月中旬~3月
  プラム     8月中旬~8月下旬
    もも      8月下旬~9月中旬
  ぶどう     9月中旬~10月上旬
    なし       9月中旬~10月下旬
  プルーン    9月中旬~11月下旬

 加工品直売
   ジャム、みそ、漬けもの、つくだに


パプヤの里(平成24年9月21日撮影)

ぶどう   ぶどう
 りんご  りんご

 

パプヤの里のさくらんぼ(平成24年7月19日撮影)

パプヤの里   パプヤの里
パプヤの里   パプヤの里

ぶどう            

 パプヤの里のぶどう  パプヤの里のぶどう
 パプヤの里のぶどう  パプヤの里のぶどう
 ぶどう

 黒い色のぶどうがバッファローで、白い色が、ポートラン
ドです。当園のぶどうは、私が一人でつくっております。
背の高くない私にとって、ぶどう作りでよい点は、はしご
が必要ないことです。ぶどう狩りは、ぶどうの粒を、取っ
て食べる方式で、他より安い価格でだしていると思いま
すので、ゆっくりとお楽しみになってください。

冨野 良子

 

 

パプヤの里のりんご 

パプヤの里のりんご   パプヤの里のりんご

園主より

冨野 嘉隆さん

 増毛の果物について
 ここ増毛町の所寒沢は、石が多く、水はけが
よい、だまっていてもおいしい果物が採れる土
地です。
   当園のさくらんぼも、暑寒別岳の伏流水で育
てているので最高に贅沢な果物なのかもしれま
せん。

 yesクリーンについて
 もともと増毛は農薬があまり必要ない土地ですが、当園は、北海道のyesクリーンの構成員となり、低農薬に努めるとともに、牛糞堆肥の有機肥料を使い、くだものをつくっております。

 コンロの無料貸付け
 
 広い果樹園で、焼肉パーティなどいかがでしょうか。焼台は無料で貸付けしており、炭は実費で販売しております。時間制限はありませんので、お弁当など食べて、ごゆっくりおくつろぎください。

 ソフトアイス
 当園のくだものを原料にジャムやアイスクリーム等の加工品も販売しております。手作りジャムをトッピングしたソフトクリームは評判がよく、リピーターも多いのので、ぜひお試しになってください。


                 冨 野 嘉 隆                                        

  

地図

冨野果樹園地図  〒077-0216

 北海道増毛郡増毛町暑寒沢359番地3

  パプヤの里  マルヨ冨野果樹園

  代表  冨野 嘉隆
   yes ! clean登録生産集団構成員
  (りんご、さくらんぼ)
 

  TEL  0164-53-2484 
   FAX   0164-53-2484
   メール  papuya@pop12.odn.ne.jp
  ウエブサイト
  
   http://www2.odn.ne.jp/~caf28220/index.html

  詳細な地図はこちら

        今年のぶどう
        平成23年9月15日撮影

加工品直売 (平成24年8月1日)
    
 ピーマンのつくだにの写真  ピーマンのつくだに
 当園と留萌市のAコープ「ルピナス」でしか販売されていない当園オリジナルの商品で、りんごと南蛮が入って、なめらかな味と評判です。そろそろ作り始めようと思っておりますが、お客様から早く売ってと催促を受けています。
 鰹みそ  鰹ねりみそ
 岩見沢市から増毛町まで買いに来られるお客さんがおられるほど人気があり、きゅうりにピッタリと評判です。写真のものは瓶詰めですが、よりお求めやすいパック詰めの商品の販売も始めました。
 しいたけの粕漬け  椎茸の粕漬け
    今、体によいとブームの椎茸を、増毛町の国稀酒造(株)の酒粕で漬けた粕漬けです。当園の干しりんごを少し加えており、売れ行きが好調で、生産が追いつかない状態です。