スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 農村振興課 >  担当員日誌2008(農村振興課)


最終更新日:2012年4月09日(月)


担当員日誌2008(農村振興課)


2008年の出来事

題名:師走 12月8日 月曜日 記載者:まさかげ

雪が少なかった留萌も先週末からの降雪によって真っ白になっています。今年も残すところあとわずかとなりました。皆さん検定準備におわれていることと思いますが年内支払い目指してがんばりましょう。(課内連絡:皆さん、HPを更新するため写真を撮ってきましょう!)

題名:12月中旬ですが 12月10日 水曜日 記載者:まさかげ

 上記のとおり、お伝えしたところですが、昨日の雨でほぼ雪も消えかけています。快晴です。これだけ雪がないと、地中にある営農用水などの管路に寒気が直接届いてしまうので、今後の凍結が心配です。

題名:12月下旬いつもどおり 12月24日 水曜日 記載者:まさかげ

 状況の変化が著しく、先週末からの雪でまたもや真っ白け。更新が追いつきません。

寧楽ため池

題名:祝!竣工(小平町のダム) 11月26日 水曜日 記載者:まさかげ

ご無沙汰しておりました。2ヶ月ぶりなのに大変古い情報で申し訳ありません。防災ダム事業寧楽地区の「寧楽ため池」が完成し、10月30日完成修祓式がおこなわれ、留萌支庁長をはじめ地区の運営・建設に携わったたくさんの方達が参加されました。

豊岬地区海岸

 9月5日 金曜日 記載者:よっすぃー

9月に入り、留萌管内の海岸線を走ると釣り竿が並んでいる光景が見られ、日本海側にも鮭釣りのシーズンがやってきたことがうかがえます。

 留萌支庁では、安全確保のため、管理している海岸保全施設を定期的に点検していますが、特に夜間は昼間と違い見通しもききづらいため、護岸施設や海岸付近に近づく際は細心の注意を払ってください。

安全に鮭釣りが楽しめるよう、皆さんの協力をお願いします。

釣りは所定の場所で。また、ゴミは各自で持ち帰りましょう。

題名:寄稿 8月12日 火曜日 記載者:まさかげ

 建設グラフの8月号に農村振興課長が投稿しておりますので、御一読下さい。(次のリンク先は、自治タイムス社のホームページにリンクしており、北海道のホームページ外になりますのでご承諾の上、移動して下さい。リンクについては自治タイムス社の許可を得ております。)

リンク先・ 地域資源を活用したまちおこしを ―低タンパク質米の生産は全道一

掲示板稲穂up稲穂up

題名:稲穂がでた 8月8日 金曜 記載者:水稲当番S(代)

 現在、留萌支庁庁舎前に展示している「ほしのゆめ」の稲が先々週ぐらいに出穂、着々と成長しています。管内の水田でもすでに出穂しているようです。掲示板には管内で施行されている暗渠排水の様子も展示しています。留萌支庁におこしの際は、足を止めてみて下さい。

海岸公衆トイレ

題名:海岸施設オープン 8月4日 木曜 記載者:よっすぃー

 平成20年5月15日に掲載した初山別海岸のトイレ、シャワー施設が海水浴シーズンに併せて使用開始となりました。使用できる期間は7月15日から8月20日までです。気持ちよく使用できるように、施設は大切に扱ってください。

 また、遊泳は指定された区間で行いましょう。

ラジコンヘリコプター

題名:防除 8月1日 金曜日 記載者:まさかげ

小平町でラジコンヘリコプターにより水稲の防除が行われていました。防除とは、病害虫(いもち病、カメムシ、ウンカなど)の被害から水稲を守るため、農薬を散布することで、品質の良いおいしい米を生産するため欠かせない作業です。

アップルミント 留萌市藤山地区全景

題名:グランドカバープランツ    7月2日 水曜日 記載者:けん制球

留萌市藤山地域でグランドカバープランツを発見!グランドカバー植物は、すみやかに葉や茎を広げることで光を遮り雑草を抑制します。草刈り作業を軽減したり、独特の香りでカメムシ等の害虫発生を抑止するといわれています。道路の盛土面に数多くの「アップルミント」が植生されていました。もう少し立つとミントの香りが漂って来ることでしょう。これからも楽しく観察していきます。

西古丹別頭首工

題名:魚が上がるかな 6月27日金曜日

記載者:水稲当番S

 今年の三月に、魚類が河川を遡上・降下するための道(魚道)が完成しました。

 左上:魚道全体写真(取水期用魚道)

 左下:魚道内写真(取水期用魚道) 

西古丹別魚道

 今までは、水田で使う水を取水する施設(頭首工)により落差が生じ、魚類の移動がほぼ不可能でしたが、今後はこの河川に生息する魚類が遡上・降下します。我々日本人の主食であるお米を効率よく作るために設置した重要な施設(頭首工)ですが、特にサケ、サクラマスの遡上に支障となることから、頭首工に魚道を設置しました。

放牧風景

題名:良い天気! 6月24日 火曜日 記載者:あべっち

 現在、幌延町・天塩町では天候も回復し、牧草の刈取りまっさかりといったところです。すでに牧草のラッピングが終わった草地も多く、作業は順調!!

 幌延町では、バンカーサイロによるサイレージづくりよりもラッピングで行うことが多いように見受けられます。(詳細は後日調べておきます。)

「安全でおいしい乳製品は、良い牧草から!」

 わが農村振興課も、道営草地整備事業では、安心して効率の良い作業ができる牧草地造りのお手伝いをしています。

水抜き

題名:この施設は 5月23日 金曜日 記載者:よっすぃー

 羽幌町にある国営羽幌二股ダムの周辺が地滑り区域に認定されたため、さまざまな施設が設置されました。

 写真で見るとよくわかりませんが、地下水を排除する施設で集水井といい、地下水位が高くなるような所に地すべり防止のため、設置されています。地滑り地帯ではよくある施設ですが、山奥にあるため、目にする機会はあまりありません。

 留萌支庁ではこのような施設の管理も行っています。

 皆さんが山道を安全に通行している陰には、このような見えない施設がたくさん作られています。他の公共施設においてもたくさんのお金がかかってしまうのは、このような見えない施設を造ることにより、皆さんの安全を確保していることも要因の一つといえるでしょう。

初山別海岸写真

題名:初山別村の海岸
  5月15日 木曜日 記載者:よっすぃー

 留萌管内には海水浴場がたくさんありますが、初山別村の道の駅「☆ロマン街道しょさんべつ」の近くにある海水浴場には留萌支庁が管理している海岸施設があり、巡視を行っています。

 海水浴にはまだ早いですが、皆さんが楽しめるよう施設を使用するときは大切に扱ってください。

 怪しい漂着物には手を触れないように。

寧楽地区

題名:今日のダム(小平
  のダム)
5月2日 金曜日
記載者:まさかげ

防災ダム事業寧楽地区の今日の様子です。ため池だそうです。担当者が外勤中で詳しく書けません。近日更新。

代掻き

題名:田んぼに水が 5月2日 金曜日

記載者:まさかげ

暖かい日が続いております。小平町の寧楽地域でも代掻き(しろかき)が始まりました。お米作りの中でも代掻きは大切な作業ですので農家の皆さんがんばって下さい。

留萌のお米についてはこちら

桜の写真

題名:留萌の桜が咲きました! 4月25日 金曜日  記載者:PMワン

北京五輪聖火リレーの聖火が今朝、日本に到着したようですが、留萌にも桜前線が北上しました。

 例年より早く、自宅の近くに桜が咲きましたが(樹種はわからないです。)お花見をするには、まだ風が冷たく肌寒いです。ゴールデンウィークの間には市内のあちこちで満開になりそうです。(これといった名所はありませんが・・・ 神居岩公園というところは見応えがありますので是非、足を運んでみてください。)

上小川ダム
大椴ダム

題名:留萌といえば・・・ 4月16日 水曜日 記載者:まさかげ

 一般的には、留萌支庁管内に9箇所のダムがあることすら知られていないのかもしれませんが、農業農村整備事業に関わる職員にとって、留萌支庁のイメージの一つとして、「ダム」が思い浮かぶ人も多いかと思います。北海道留萌支庁が管理している5箇所のダムの中から「上小川ダム」(写真上段)と「大椴ダム」(写真下段・H20小平町に移管予定)の現在のようすをお伝えします。

 今年は、雪解けが早く平場ではもう雪はないのですが、ダムではまだ雪が残っていました。こんなに雪が残っているようですが、例年の残雪量よりも少ないため、かんがい用水(主に水田や畑に供給する水)が不足しそうなので、ダムの貯水を早めるなんて話が出ているダムも管内にはあるようです。地球温暖化の影響がこんなところにも!?

題名:担当員日誌開始!     4月14日 月曜日 記載者:まさかげ

 本日より、担当員日誌のページを開始します。留萌支庁産業振興部農村振興課内外での出来事を担当職員がざっくりとお伝えしていきます。今後の展開をお楽しみに!(本格始動は5月中旬以降)

案山子の挨拶

以後、お見知りおきを

 

2010年の出来事に戻る!