スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 農村振興課 >  苫前地区 草地畜産基盤整備事業(草地整備型)


最終更新日:2013年11月12日(火)


苫前地区 草地畜産基盤整備事業(草地整備型)


 

 苫前(とままえ)地区   草地畜産基盤整備事業(草地整備型)           苫前町

 
 前地区の公共牧場は、整備後20年余を経過し、長期の放牧利用から起伏が生じ、牧草の品質・収量が低下するなどにより牧養力が低下しております。一方、育成牛舎についても、設置後30年を経過し、飼養方式の変更など施設本来の飼養頭数を収容することが困難であり、預託希望を満足できない状況にあることに加え、近年においては、経営規模の拡大に伴い預託希望が増加傾向にあることから、既存の草地や施設では対応が困難な状況となっています。苫前町の酪農畜産の発展には、TMRやコントラクターと公共牧場の利用拡大といった経営支援システムが不可欠であり、公共牧場の生産性を高め預託頭数の増加及び酪農畜産農家の労働軽減を図り、個別経営体における飼料基盤に立脚した畜産経営の確立を目指すものであります。


工 期: 平成23年度~平成27年度
事業量: 草地整備改良 A=171.7ha
     草地造成改良 A= 34.0ha
         隔障物整備 4ヶ所
         家畜保護施設 1棟
         排泄物処理施設 1棟


前のページに戻る