スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 農村振興課 >  なにしてんの?(農村振興課の仕事)


最終更新日:2013年8月14日(水)


なにしてんの?(農村振興課の仕事)


農村振興課の仕事

私たちは、水田(田んぼ)や畑、牧草地の改良・整備、農業用道(農道・耕作道)や農業で使う水(営農用水)の確保・給配水施設を整備することにより、農村環境を整えるため、整備計画から法律の手続き、用地の確保、工事の発注(入札)・指導・検査を仕事としている機関です。

北海道の農業・農村は、広大で豊かな大地ときれいな水・空気に恵まれ、安全でおいしい食料が生産され、四季が織りなす美しい景観を有し、農村に住む人々や訪れる人々にうるおいと安らぎを与えています。

このような北海道の農業・農村を持続的に発展させ、次世代に引き継いでいくために、農村振興課では次の3つの整備方針に重点化し、農業農村整備を実施しています。

1 いのちの源「食」の生産をささえる
2 多様な担い手と地域をささえる 
3 豊かな農村環境をささえる

留萌振興局管内で行われている主な農業農村整備(詳しい情報は管内概要を参照して下さい)
・水田の整備中山間地域総合整備事業(生産基盤型)
・畑の整備畑地帯総合整備事業(担い手支援型)
・草地の整備草地整備事業(担い手中核型)、畜産担い手育成総合整備事業(担い手支援型)
・農地・農業施設を守る中山間地域総合農地防災事業、海岸保全施設整備事業(侵食対策)
・農業施設の機能保全基幹水利施設ストックマネジメント事業
・農道の整備広域営農団地農道整備事業、一般農道整備事業(集乳農道整備)

また、ここ留萌においてはダムの維持管理も行っています。

【次世代へ引き継いでいく豊かな農村空間】

             

【桜の下で田植え】            【麦の収穫】           【管理ダム(上小川ダム)】

 

   

                     

      

   【広域農道の整備】            【牧草をはむ】          【たわわに稔ったリンゴ】

 

トップページへ戻る