スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 農村振興課 >  オロロン北地区 草地畜産基盤整備事業(草地整備型)


最終更新日:2013年11月12日(火)


オロロン北地区 草地畜産基盤整備事業(草地整備型)


 

 オロロン北(おろろんきた)地区 草地畜産基盤整備事業(草地整備型) 遠別町・初山別村

 
 ロロン北地区は,留萌管内の中北部に位置し、水田、畑作、酪農の各経営体が混在した営農が行われています。初山別村及び遠別町の酪農に係る農用地は、日本海と天塩山脈に挟まれた低平地及び丘陵地を中心に分布しているが、総面積の大半が山林で占められており、大規模酪農経営を行うには地形的条件に恵まれてはいないものの地域の重要な基幹産業として位置づけられています。本地区の土質は、低平地においては泥炭土、丘陵地は強性粘性質土が広く分布しており、特有の土質から起因する草地の起伏及び排水性の低下が生じていることから、近年草地整備改良等の土地基盤整備が進められてきましたが、その整備率は十分でないことから、本事業により営農経費の節減、生産性の向上を図り安定した酪農経営を確立することを目指すものであります。


工 期: 平成19年度~平成25年度
事業量: 草地整備改良 A=362.2ha
      道路改良     L=73m
      草地造成改良 A=0.6ha


前のページに戻る