スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 留萌農業改良普及センター >  1122牛群管理システムの研修会が開催される


最終更新日:2018年12月06日(木)


1122 牛群管理システムの研修会が開催される




 11月22日、天塩町役場で牛群管理システム 「ファームノート」の活用方法についての研修会が開催されました。講師にファームノート北海道事業部 影沢和彦氏を迎え、指導農業士・農業士会、天塩町4Hクラブ、天塩町営農担い手協議会の合同主催で行われました。

 ファームノートは、牛舎で作業しながら発情、疾病、分娩予定など多くの個体情報を確認することができるシステムです。この情報はスマートホン・タブレットを持っていれば、リアルタイムで家族、従業員などと情報共有することもできます。さらにデータの分析結果をグラフで見える化する機能もあり、影沢氏からは「課題の見える化が収益アップの第一歩」につながると説明がありました。

 参加者からは「乳検データ」「種雄牛データ」「授精台帳」との整合性について質問が出され、今後の活用に向けて興味の高さがうかがわれました。

影沢氏の講演の様子

熱心に話を聞く出席者の様子

講師のファームノート 影沢氏

熱心に説明に聞き入る出席者