スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 留萌農業改良普及センター >  0905指導農業士夏期研修苫前ブロック


最終更新日:2018年9月28日(金)


0905 指導農業士・農業士会夏期研修会(苫前・オロロンブロック)を開催



 9月5日に るもい指導農業士・農業士会夏期研修会を苫前、オロロンブロック合同で実施しました。
 当日は、苫前ブロック10名、オロロンブロック8名、苫前町1名、振興局2名、普及センター8名の29名が参加 しました。

 研修は、省力化、労働軽減事例として、苫前では、搾乳ユニット自動搬送装置を導入した「小林牧場」、振興局のモデル事業である地下かんがい設備を設置したハウスでスイートコーンを栽培する「(有)真軌道」、ロボット搾乳機や全自動給餌機が導入された「ビレッジファーム」を視察しました。また、羽幌町の大豆品種比較試験ほ場も視察し、参加者は最新設備や新技術の有用性を確認していました。

 研修後には、昼食を兼ねた交流会も実施され、苫前ブロックとオロロンブロックでわきあいあいと情報交換も行われました。

01

02

「小林牧場」の搾乳ユニット自動搬送装置の説明

「真軌道」の地下かんがい利用のハウス説明

03

04

「ビレッジファーム」の搾乳ロボット

普及センターより大豆奨決試験ほの説明