スマートデバイス表示はこちら


最終更新日:2018年8月21日(火)



0725普及活動中間検討会を開催



 7月25日に普及センターの普及活動中間検討会を開催しました。

 検討会には、技術普及課、上川農試及び酪農試験場天北支場の技術普及室、振興局農務課及び普及センター職員合わせて34名が参加し、普及活動の進捗状況と今後の活動の方向性について協議しました。

 当日は実績検討会に先立ち、羽幌町築別2地区の現地において、省力化を目指した水稲無代かき栽培および、大豆ほ場の透排水性改善を狙ったカットドレーン施工実証ほを参加者全員で視察しました。実証ほでは農家の方と意見交換を行い、省力化や透排水性改善に手応えを感じていることを確認することができました。

 午後からの検討会では次の課題について検討・協議を実施し、所内の情報共有を図りました。

 【重点課題】
  1)豊かな地域農業の確立(羽幌町築別2地域)
  2)地域活性化のための組織育成による地域営農の確立(小平町住吉地域)
  3)飼料基盤を活かした酪農経営の確立(天塩町更岸中央地域)
 【広域推進事項】
  4)地域農業・農村を支える多様な担い手の育成
  5)普及情報の共有化と蓄積情報の有効活用及びホームページを活用した情報発信
    安全・安心なクリーン農産物生産の推進
  6)農商工連携による農畜産物の生産販売の振興


 普及センターでは検討会で出だされた意見アドバイスを参考に、地域課題の解決のため今後も活動を展開していきます。


重点地区有澤さん

水稲無代かき栽培ほ場にて

水稲無代かき栽培(省力技術)について 説明する
有澤さん(右)

水稲無代かき栽培 ほ場視察

カットドレーン施工ほ場視察

カットドレーン施工効果について懇談

 カットドレーン施工した大豆ほ場の視察

 カットドレーン施工効果について懇談

本書地域活動の説明 南留萌支所地域活動の説明 北留萌支所地域係の説明

羽幌町、小平町、天塩町の重点的に取り組みを進めている課題の協議・検討

検討会全体の様子