スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 留萌農業改良普及センター >  0418なでしこ農業塾(畜産部門)「ロープワーク」研修会開催


最終更新日:2018年5月01日(火)


0418 なでしこ農業塾(畜産部門)「ロープワーク」の研修会を開催


なでしこ農業塾(畜産部門)「ロープワーク」の研修会を開催



 「獣医さんを呼んだ時に、スムーズに、でもしっかりと牛を保定したい!」という思いは、畜産農家の皆さん誰もが若い頃に一度は経験することではないでしょうか?

 今回のなでしこ農業塾(畜産部門)は、苫前町のメンバーの牛舎を借りて、JA苫前町酪農畜産課の係長を講師に、3名が「牛の縛り方のポイント」を学びました。

 「もくしをしっかりかける」「かけたロープを一度、締め上げる(動かないようにする)」ことで牛にも人にも負担がかかりにくくなること、また「ロープをかける柱やパイプの高さと位置」「人の立つ位置(牛の右側か左側か、前寄りか後寄りか)」なども縛りやすさのポイントになること等を学びました。
 メンバー達は何度もロープを縛ったりかけ直したりして、ちょっとした違いによるロープの張りや緩みの変化を実感していました。


 今後もメンバーの意向をもとに、農業経営に役立つ学習や農村生活を楽しむための活動に積極的に取り組める女性農業者を目指し、なでしこ農業塾は活動を展開していきます!


 牛を捕まえる様子

 ロープの縛り方を実習する様子

まずは牛を捕まえて・・・「おとなしくしていてネ」
(見守る講師)

ほどけず、でも牛にも人にも負担のかからない
ロープの縛り方は・・・