スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 留萌農業改良普及センター >  0310JAオロロン「もっちり玄米」の販売が始まりました


最終更新日:2018年3月16日(金)


0310JAオロロン「もっちり玄米」の販売が始まりました


JAオロロン「もっちり玄米」の販売が始まりました


  3月10日ホクレンショップ羽幌店でJAオロロン「もっちり玄米」の販売が始まりました。   

JAオロロン「もっちり玄米」は、遠別町、初山別村で栽培されたもちの玄米で、炊飯器でうるち白米と同じように炊飯ができます。普及センターではJAオロロンと協力し、2年前からイベントでの試食アンケートや試験販売を続けてきました。その結果、ようやく今回の商品化につながりました。

販売当日は、特設コーナーで遠別もち米生産組合の酒井組合長やJAオロロン職員も店頭に立ち、購買客への対応を行いました。

お客様からは、「どうやって食べるの?」「これからも販売するの?」等の質問があり、新たな商品に興味を持たれたようです。

 JAオロロン「もっちり玄米」の販売が、もち米の消費拡大、もち米産地の振興につながることを期待します。


 

特設コーナーの様子

 

「どうやって食べるの?」

特設コーナーの様子

「どうやって食べるの?」