スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 留萌農業改良普及センター >  0720乳製品加工研究会「美留来のゆめ」総会


最終更新日:2020年7月30日(木)


0720乳製品加工研究会「美留来のゆめ」総会




 新型コロナウィルスによって開催が延期されていた乳製品加工研究会「美留来のゆめ」(会長 芳野千代美 幌延町)の令和2年度総会が、7月20日、天塩町合同庁舎で行われました。
  「美留来のゆめ」は幌延町・天塩町・遠別町の酪農家らによって平成12年に設立され、現在の会員数は11名となっています。月1回のペースで、会員がそれぞれ持ち回りで自家産の牛乳を持ち寄り、チーズを始めとする様々な乳製品を加工しています。
  今年度は会が発足して20年の節目とあって、新たな気持ちで自家産の牛乳を使ったチーズづくりを行っていくことを会員同士で確認し合いました。
  ベテラン揃いの中、若手会員もいる「美留来のゆめ」が、今後どのような活動を行っていくのか期待が持たれます。

 芳野会長の挨拶

 総会の様子

芳野会長の挨拶

総会の様子