スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 建設管理部 > 留萌建設管理部 >  管内の地名由来


最終更新日:2010年3月18日(木)


管内の地名由来


留萌管内の紹介 管内の地名由来 留萌建設管理部

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

 留萌管内の地名は、多くはアイヌ語に由来し、その土地の「地形・位置・形状・性質等」を表現したものが多くなっています。地名の漢字表記は、単にアイヌ語の発音に漢字を当てたものが大半であるため、漢字の持つ意味からその地名の由来する意味を類推することはほとんどできません。

 なお、次の地名由来については、文献によっては異なった解釈をしているものもありますが、最も一般的と思われるものを掲載しています。

 

・あ行

地 名 読 み 地 名 の 由 来
阿分 あふん アイヌ語 「アフンイ」 入る処
岩老 いわお、いわおい アイヌ語 「イワウオイ」 硫黄のある処
上平 うえひら アイヌ語 「ウエンピラ」 悪い崖(歩行困難な崖)
臼谷 うすや アイヌ語 「ウシヤ」 入江の岸
ウブシ うぶし アイヌ語 「ウプウシ」 椴松の群生する処
遠別 えんべつ アイヌ語 「ウイエペツ」 相語る川
鬼鹿 おにしか アイヌ語 「オニウシカペツ」 森林の中を流れている川
雄信内 おのぶない アイヌ語 「オヌプナイ」 川尻に原野のある川
小平 おびら アイヌ語 「オピラウシペツ」 川口に崖のある所

索引

・か行

カモイワ かもいわ アイヌ語 「カムイイワ」 神の山。”神威岩”または”神居岩”とも表記する。
コクネップ こくねっぷ アイヌ語 「コツネプ」 窪地になっている処
古丹別 こたんべつ アイヌ語 「コタンペツ」 村の川

索引

・さ行

更岸 さらきし アイヌ語 「サルキウシ」 葦(あし)の群生する処
サロベツ さろべつ アイヌ語 「サルオペツ」 葦原にある川
暑寒別 しょかんべつ アイヌ語 「ショカアンペツ」 滝の上にある川
初山別 しょさんべつ アイヌ語 「シュサンペツ」 小さな沢にある川

索引

・た行

築別 ちくべつ アイヌ語 「チュクペツ」 秋の川
天売 てうり アイヌ語 「テウレ」 魚の背腸(せわた)
天塩 てしお アイヌ語 「テシュ」 梁(やな:魚を獲るしかけ)
問寒別 といかんべつ アイヌ語 「トイカムペツ」 土の被る川
苫前 とままえ アイヌ語 「トマオマイ」 エンゴサク草のある処

索引

・な行

中歌 なかうた アイヌ語 「オタ」 砂浜に”中”を付けたもの。砂浜の中央
信砂 のぶしゃ アイヌ語 「ヌプサペツ」 野の傍(かたわ)らの川

索引

・は行

羽幌 はぼろ アイヌ語 「ハポロペツ」 流れ広大な河
バンゴベ ばんごべ アイヌ語 「パンケベツ」(下流の川) からの転訛
別苅 べつかり、べっかり アイヌ語 「ペシトカリ」 断崖の手前
幌糠 ほろぬか アイヌ語 「ポロヌプカペツ」 大きい野原の川
幌延 ほろのべ アイヌ語 「ポロヌプ」 大平原

索引

・ま行

マサリベツ まさりべつ アイヌ語 「マサラペツ」 海浜草原にある川
増毛 ましけ アイヌ語 「マシケイ」 カモメの多い処

索引

・や行

焼尻 やぎしり アイヌ語 「エハンケシリ」 近くにある島

索引

・ら行

力昼 りきびる アイヌ語 「リキピル」 高い崖
留萌 るもい アイヌ語 「ルルモッペ」 静かなる川
礼受 れうけ アイヌ語 「レウケプ」 曲がっている処

索引

・わ行

   

索引