スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健環境部 > 環境生活課 >  「女性の活躍推進に係る意見交換会」を開催しました


最終更新日:2017年6月26日(月)

 

 「女性の活躍に係る意見交換会」を開催しました。


  

  平成29年6月17日(土)                      

  留萌合同庁舎で「女性の活躍に係る意見交換会」を開催しました。

 

  出席いただいた皆さん

  女性

      

     左から 瀬尾真由子さん  吉田和絵さん 佐藤昌美さん 井向由貴枝さん    

   (前回参加していただいた、4名の皆さんはお仕事の都合上欠席でした。)

 

 今回は、前回 ☆彡 なりたい私の夢や目標の発表 ☆彡について発表していただいてから

 4ヶ月が経過し、その後の考え方や意識変化などについてグループディスカッションを行いました。

 

 むかい★ 井向 由貴枝さん (日本郵便(株)北海道支社 営業インストラクター)

    (2月の発表)

      昨年4月から営業インストラクターという仕事に就き、各郵便局の職員の仕事の

    指導をしている。女性の職員は7名と少ないが、女性が働きやすい職場作りを

    目指している。

    皆さんからの意見

     管内でインストラクターに採用されたのは、井向さんが初ということ。女性の進出が嬉しい。

     自身が研修を受けたい目標があり、職場環境を整えたいなど前向きな姿勢が素晴らしい。

    身近でお手伝いできることがあれば協力したい。

  (現在)   

 4月に4~5名が入社。その内2名が女性。(留萌管内:天塩~雄冬の郵便局)

 新入社員や若手職員の育成プロジェクトを立ち上げ、ビジネスマナー講師を務めることとなった。

 女性に限らず、男女共に働きやす環境作りを目指す。

 道内では、女性幹部による女性活躍会議が年1回開催されているが女性に限っての会議だと

 男女平等に関して反発がないか疑問に思うこともある。

 

 

  瀬尾★ 瀬尾 真由子 さん (留萌市)

     子供3人の子育てと仕事を両立している。職場で3回育児休暇を取得したが、一般職では、

    私が始めてだった。その後、取得する人も増えてきた。子育ては大変だが楽しいと感じる。

    もし、職場内で育児休暇取得や子育てで悩んでいる人がいたらサポートしたい。

     皆さんからの意見

          自営なので、育児休暇というものはない。選択肢がなく

    自分でどうにかしなければいけないのが辛い。何かあった時、頼れる人がいるのは羨ましい。

     最近は、産休・育休を取得して働くのが珍しくない。全ての職場で環境が整っていくと良い。

 (現在)   

 4月から勤務異動で、留萌市立病院総務課で勤務している。現在妊娠中で、4回目の育児休暇を取得する 

 ことになる。仕事や保育園の問題など課題はたくさんあるがこれからゆっくり考えていきたい。


  吉田★ 吉田 和絵 さん (株式会社 サナダ自工 事務)

    留萌で、「おしゃれ、かっこいいイベント」があればと思う。地元出身の私が頑張ればと思うが、

    小さな町だからと諦めてしまう。自分の気持ちの切り替え!そこからスタート。

     皆さんからの意見

    イベントをやりたいと手を上げる人が出てこない。新しい事には、新しい人が参加しにくい。

    こんなことはどうだろうと、地元のラジオ放送から発信したらどうだろう。

(現在)   

 前回佐藤 昌美 さん(萌の里 さとうフェーム)のお話を聞いてから、食育に関する興味を持つようになっ

 た。食材はブランド化して高価になるとなかなか地元の人の口に入ることができなくなる。安価なギンナンソ

  ウって名前も食べ方も知ってる人ってどれくらいいるのだろう。そんなことを伝えていけたらいいと思う。


   農家★ 佐藤 昌美 さん(萌の里 さとうフェーム)

     留萌市内で農家で米(南るもい米)作りをしている。食育インストラクターの資格を取得し

     子供たちに食の美味しさを伝えていきたい。

     現在は、お米をネット販売しているが、加工品作りにも挑戦したい。

     将来は会社を組織化し、留萌の名前を広げ農家レストランを開店したい。

    皆さんからの意見

     現実的な夢であり、目指す方向性が決まっている。

     留萌米の美味しさが全国に広まると嬉しい。

     いつかレストランが開店したら是非行ってみたい。素敵な目標に向かって頑張って

     もらいたい。 

(現在)   

 先日、市内小学生111名の総合学習の一環として、田植えの課外学習が行われた。

 10月には、刈取りし家庭科調理実習での調理や、市内スーパーで新米として販売される予定である。

 従業員は、忙しい時期だけのアルバイトではなく、通年雇用していけるよう会社の経営や経理など会社

 立上げの勉強が必要になりそうだ。

 


        前向きな女性は「素敵」ですね。

          御参加、ありがとうございました。 

   

 おまけ

 ギンナンソウ(銀杏草)とは、

 海草の一種で、お味噌汁に入れると、タイミングにより、「コリコリ」したり「トロトロ」したりするそうです。    

    銀杏  

    

女性が様々なライフステージで活躍する「道しるべ」となるよう、留萌振興局管内の

関係機関が対応する、女性活躍支援に関する業務を「輝く女性応援ナビ」と呼称しまとめました。

【輝く女性応援ナビ】はこちら(PDF) 是非ご活用ください。