スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健環境部 > 環境生活課 >  「女性の活躍推進に係る意見交換会」を開催しました


最終更新日:2017年3月16日(木)

 

 「女性の活躍に係る意見交換会」を開催しました。


  

  平成29年2月25日(土)                      

  るもい健康の駅で「女性の活躍に係る意見交換会」を開催しました。

 

  出席いただいた皆さん

      みんな

    上 左から 村山ゆかりさん 佐藤千春さん  吉田和絵さん 野田さや香さん    

   下 左から 佐藤昌美さん 井向由貴枝さん 安達加奈さん 瀬尾真由子さん

 テーマは、 「スタートアップ」

  ☆彡 なりたい私の夢や目標の発表 ☆彡

  仕事、家庭、日常生活、遊び、スポーツ!など、チャレンジしてみたいことはありますか?

  こんな風になりたいな~思い描いていることを発表いただいた後、他の参加者から意見・

  アドバイスをいただきました。   ☆彡  目標に向かって、気運醸成を図ります ☆彡

トップバッターは

 むかい★ 井向 由貴枝さん (日本郵便(株)北海道支社 営業インストラクター)

    昨年4月から営業インストラクターという仕事に就き、各郵便局の職員の仕事の

    指導をしている。女性の職員は7名と少ないが、女性が働きやすい職場作りを

    目指している。

    皆さんからの意見

     管内でインストラクターに採用されたのは、井向さんが初ということ。女性の進出が嬉しい。

     自身が研修を受けたい目標があり、職場環境を整えたいなど前向きな姿勢が素晴らしい。

    身近でお手伝いできることがあれば協力したい。


 安達★ 安達 加奈さん(kana音楽教室主宰)  

   エレクトーン教室で子供に指導し、自身もバンドの活動をしている。子供から大人まで楽しめ

   Jポップやジャズなどジャンルを問わず音楽を楽しめる教室を開き留萌の子供たちに

   音学の素晴らしさを伝えていきたい。

  皆さんからの意見

   参加人数や楽器の提供など課題はあるが、親子連れの開催にしたり、周知の仕方などで

   実現の可能性は高い。協力体制を整えたら良いのでは。管内のイベント参加の機会があれば

   楽しそう。

 

  村山★ 村山 ゆかりさん(留萌地域エンパワーメント協議会長(留萌市議会議員)

   体調不調などでやりたいことを諦めることがある。女性は、年代やライフスタイル、身体など

   それぞれ悩みがるのでは。専門的な話を聞き、自分だけではないことの安心感とポジティブな

   考え方ができるようになれば、他の方へ何か支援ができるかもしれない

   皆さんからの意見

   女性は、おしゃべりしたり愚痴を言うだけでもストレス解消になる場合がある。

     互いの事を話す、打ち明ける場も必要。場所の提供や関係機関の連携、支援などが必要に

   なるが、  アドバイスできるかもしれない。


 野田★ 野田 さや香 さん (留萌市立病院 消化器内科医師)

     ホスピスケア・看取りケアなどの施設を作りたい夢があったが、

     最近は、仕事と育児の両立で少し考えが遠のいている。病児保育の設備や

    助け合いのシステムが もっと充実していたら働きやすいと感じる。

    皆さんからの意見    

     留萌市では、数年前から留萌市立病院内で病児保育設備を完備するよう働きかけがある。

     施設完備が実現できたら、助かるお母さんが沢山いるはず。

 瀬尾★ 瀬尾 真由子 さん (留萌市議会事務局)

     子供3人の子育てと仕事を両立している。職場で3回育児休暇を取得したが、一般職では、

    私が始めてだった。その後、取得する人も増えてきた。子育ては大変だが楽しいと感じる。

    もし、職場内で育児休暇取得や子育てで悩んでいる人がいたらサポートしたい。

     皆さんからの意見

          自営なので、育児休暇というものはない。選択肢がなく

    自分でどうにかしなければいけないのが辛い。何かあった時、頼れる人がいるのは羨ましい。

     最近は、産休・育休を取得して働くのが珍しくない。全ての職場で環境が整っていくと良い。

  吉田★ 吉田 和絵 さん (サナダ自工 フロント)

    留萌で、「おしゃれ、かっこいいイベント」があればと思う。地元出身の私が頑張ればと思うが、

    小さな町だからと諦めてしまう。自分の気持ちの切り替え!そこからスタート。

     皆さんからの意見

    イベントをやりたいと手を上げる人が出てこない。新しい事には、新しい人が参加しにくい。

    こんなことはどうだろうと、地元のラジオ放送から発信したらどうだろう。

 もえる★ 佐藤 千春 さん((株)エフエムもえる)

     自分の働き始めた時代とは時代が変わり、若者が働きやすい環境作りに声を出している。

     産休・育休の取得、仕事の指導方など変化を感じる。

     若い社員に指導する立場にあり難しく感じることもあるが、職場の会話を大事にして行きたい。

      皆さんからの意見

     良い時代の変化ではないか。

     声を出し、次の世代に繋げることは、素晴らしい。女性に限らず男性の意識も変えていく事も

     大切。

  農家★ 佐藤 昌美 さん(萌の里 さとうフェーム)

     留萌市内で農家で米(南るもい米)作りをしている。食育インストラクターの資格を取得し

     子供たちに食の美味しさを伝えていきたい。

     現在は、お米をネット販売しているが、加工品作りにも挑戦したい。

     将来は会社を組織化し、留萌の名前を広げ農家レストランを開店したい。

    皆さんからの意見

     現実的な夢であり、目指す方向性が決まっている。

     留萌米の美味しさが全国に広まると嬉しい。

     いつかレストランが開店したら是非行ってみたい。素敵な目標に向かって頑張って

     もらいたい。 


        前向きな女性は「素敵」ですね。

          御参加、ありがとうございました。