スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健環境部 > 保健行政室 >  キノコの部屋1103


最終更新日:2006年2月17日(金)


キノコの部屋1103


キノコの部屋

1103号室

   

このキノコは10月1日に持ち込まれたキノコです。
このキノコは倒木や枯れ木の根本、地面にはえていました。
傘の中央部分にささくれ状の鱗片がありました。
傘の大きさは3から6cm程度でした。
傘の周辺部に放射状の線が多数ありました。
ひだは密で白色。ところどころ褐色のシミがありました。
茎は5から8cm程度でした。
せんい状のつばがありますが、とれているものも多いです。
つぼはありませんでした。
さてこのキノコは何でしょう。
正解はここをクリック。

入り口に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このキノコはナラタケというキノコです。
 みなさんにはボリボリと言った方が分かりやすいのではないでしょうか。
 倒木や朽木、切り株等に群生しています。
 またちょっとした木の生えている公園等にも生えていることがあるので、
 散歩がてらのぞいてみてはどうでしょう。
 このキノコの特徴として、とてもいい匂いがします。
 料理法としては、くせがないのでどんな料理にも合いますが、
 良いだしが出るので、みそ汁や、鍋物等がいいと思います。
 生食すると中毒を起こすとの報告があるため生食はさけて下さい。
 また、消化が悪いので食べ過ぎに注意しましょう。

 問題に戻る