スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健環境部 > 保健行政室 >  キノコの部屋1102


最終更新日:2006年2月17日(金)


キノコの部屋1102


キノコの部屋

 1102号室

  

このきのこは地面に群をなしてはえていました。
傘の大きさは2から6cm程度でした。
ひだは密で、白色でした。
半球状から平らに開き、色はねずみ色でした。
茎は白色で5cm程度、太さは1cm程度でした。
つばもつぼもありませんでした。
さてこのキノコは何でしょう。
正解はここをクリック。

入り口に戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このキノコはホンシメジというキノコです。
 松林などの地上に多数が株状に生えます。
 私も実物を見るのは初めてで、
 留萌管内でもここ数年1件も相談のなかったキノコです。
 もちろん食用のキノコで、昔から「におい松茸、味しめじ」といわれる本物のシメジです。
 市場に売られているホンシメジはブナシメジの栽培品で全く違うものです。
 本当のホンシメジを食べたかったら、
 今回持ち込まれた方のように、山に入るしかないのです。
 料理法はハタケシメジ同様何にでも合うとのこと。
 当保健所で食べたことのある職員の話では、非常に美味とのことでした。
 持ち込まれた方、超ラッキーでしたね。うらやましい限りです。
 またシメジの仲間でもイッポンシメジ、クサウラベニタケ等
 毒キノコが有るため注意しましょう。
 なお、よくある迷信としまして「縦にさけるキノコは食べられる」というのが
 有りますが、この説は全くのウソです。
 イッポンシメジ、クサウラベニタケ等縦にさける毒キノコがたくさんあります。

 問題に戻る