スマートデバイス表示はこちら

音声で読み上げる  

留萌の概要

水産業

写真:ニシン網外し風景(増毛港)
ニシン網外し風景(増毛港)

 管内は日本海北部に位置し、約200kmに及ぶ沿岸域ではホタテ稚貝養殖、刺し網、さけ定置、たこなどの漁業が行われ、また、沖合では武蔵堆などの好漁場を擁し、エビ、タラ漁業などが行われています。
 しかし、近年、高齢化や後継者不足により漁業者は年々減少しており、このため、新規就業者を受け入れるなどの活動を行っています。
 また、水産基盤整備のため漁港整備や魚礁等の設置を行っており、併せて、ニシン・ヒラメ・サケなどの種苗を管内各地で放流し、「獲る漁業」から「つくり育てる漁業」への転換が図られています。